きちんと供養できたと心から実感できる散骨

散骨をするときに大事なのは供養する人の気持ちです。きちんと心を込めて供養をすればお墓ではなく散骨でもきちんとした供養になると思います。お墓の管理は簡単ではないので遺族が散骨を選びたがることはありがちです。散骨にすれば遠くのお墓まで供養に行かなくても済むので手間がかからないのが大きなメリットです。ただ、散骨をしても亡くなった人のことの思う気持ちを忘れてはいけないです。散骨をして全ての供養が終わるとは思わずに定期的に故人のことを供養することが大事です。お墓を管理する自信がないのに無理をして新規にお墓を買うことはおすすめできないです。お墓の掃除などをすることが無理な人にとって最も良い供養方法は散骨です。お墓を用意するための費用が必要がないので金銭的な負担がかなり小さいのが散骨の魅力です。散骨は珍しいことではないので積極的に散骨を選ぶといいです。私は海を選んで散骨をしたのですが、きちんと供養できたと心から実感できました。