墓じまいはなかなか厄介

PR|事前相談可能な大阪の葬儀社|神奈川県で遺品整理士がいる業者|

お墓を撤去することを親族から反対されるということはよくあります。親族間の話し合いと遺骨の供養をどのようにするのかがとても大事なことになります。さて、実際に墓じまいの手続きというのは、 まずは墓じまいの意思を伝える必要性があり。墓地の管理者あるいはお寺の人であったり、とにかくその墓を管理しているところにその意思を伝えることから始まると言えるでしょう。

その際には墓を撤去するための費用とか整地をするための費用などがかかることになります。菩提寺であれば離檀料というのを支払わなければならないパターンも多くあります。この離断料というのがかなり高額になることもあり一つのトラブルとしてあり得るので自分のところはどうなのかというのを確認しておきましょう。

墓を購入した段階においてそのことが書かれていた契約書にサインをしているのであればどうしようもないことではあるのですが、そうではないのであれば弁護士を入れて契約書にも一切書かれていない費用などを請求されてもこちらとしては払う気がないということを伝えたりすれば避けられる場合もあります。墓じまいというのは本当に様々な手続きをしなければならないということになりますし、揉める要素も一つや二つではありませんのである程度、パワーを使うことになると考えておきましょう。

それこそものすごいエネルギーで処理しなければならないことというのがあるわけですから、墓じまいは迷っているくらいであればやらない方が良いといえます。さて、肝心のお骨なのですが実はそのままの状態で家に持ち帰るということは可能です。別にそれは違法でもなんでもないですから、そこは心配することはないです。ですが普通は永代供養に出すということが多いです。最終的に家に置いておいたとしても何かしら処理はしなければならないわけですから先に永代供養に出しておいた方が後々楽になるということがあるからであり、それは当然といえます。

PR|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|健康に役立つ口コミ情報|マーケティング経営研究.net|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|女性のための薄毛治療研究会|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|