粉骨にすると供養手段の幅も広がることに

遺骨は骨壺に収めてお墓への埋葬が一般的なことから、粉骨には抵抗を持つケースも少なくはありません。意外と粉骨に関心を持つ人も増えてきており、粉骨をすると埋葬のスペースも、それだけコンパクトになるのも良い点です。容積はパウダー状になることから、自然に小さくなりますので、その分大きな収納スペースを必要とはしません。分骨を考えている場合も粉骨は良い方法であり、骨を分けるよりも粉末の方が均等に分けることができます。火葬後の遺骨は全て骨壺へ納めるのが一般的であり、粉骨にして骨壺へ収めることも可能です。それだけではなく細かくなっているので、もっと小さなものに入れることもできます。粉骨をいつも身近に感じられる、アクセサリーのペンダントに中へ入れても構いません。他にも陶器や身につけることのできる小物類に加工をするなど、供養方法の幅を広げることが可能です。これほど粉骨にスポットがあてられるようになったのは、それだけ関心を持つ人が増えたためであり、供養の手段は多様化しています。