粉骨を選択するのはどんなときか

粉骨とは故人や亡くなってしまったペットの遺骨をパウダー状に加工する事です。
遺骨を粉々に砕いてしまうなんて気が引けるという方もいるかもしれませんが、納骨スペースが限られている場合や、海などに散骨したいという希望がある場合は粉骨にすることが必要になってきます。また、残された遺族の、気持ちの整理を付けやすくするために粉骨を選択するという場合もあるようです。
粉骨にするには自分で行うより専門の業者にお願いする方が仕上がりも綺麗で、遺族の心理的な負担も少ないと思います。
ペットの場合は、粉骨にした遺骨をアクセサリーに納め、普段の生活の中で身につけられるというものもあり、そのデザインも様々です。亡くなった後でも常に一緒にいたいという希望がある方や、骨壺を部屋に置くことで喪失感から抜け出せない、来客の視界に入り気を遣わせてしまうのが嫌という方はアクセサリーに加工するという方法がお勧めです。
アクセサリーにする為の費用は様々ですが、あまりにも安価なものは粉骨にした遺骨が湿気などで傷んでしまったり、本体がすぐに破損してしまったり、アフターサービスが付いていないということもあります。大切な家族の遺骨ですので、納得いくまで相談や問い合わせをしてから決めた方がいいと思います。