最新の納骨堂には分骨した遺骨も納められる

最近では、管理も機械でされている最新型の納骨堂に遺骨を納める人が増えています。機械で自動管理された納骨堂では、故人の遺骨を仏壇タイプの扉を開けた中に納めるものと、簡単に掃除しやすいロッカータイプなどから選ぶことができます。

そんなハイテクな納骨堂には、ズラリと並んだ仏壇の中から故人の仏壇を探すわけですが、もっとハイテクな納骨堂であれば、ボタンをクリックすれば目の前に故人の仏壇がデジタルな画像で現れたり、機械が操作して、仏壇を目の前に移動させて、お参りができます。

そのため、玄関のドアから入り、数秒の場所でお参りをすることができるので、お参りをする人の負担がかなり軽減できると人気です。

そんな納骨堂には、分骨した遺骨を納めることもできますので、近場に納めて、散歩に出かけるようにお参りしてみるといいでしょう。

兄弟が多い人は分骨した際に身近に遺骨を置いた方が気分的にも前向きで明るい気持ちになれます。そんな納骨堂は、さまざまなスタイルと考えの人に便利です。