近年は「遺骨」にして埋葬するのが普通

近年では人が死んだら最終的には遺骨にして埋葬するのが普通になりました。 その前提として火葬という遺体の処理が法律的にも決まっていますので、必然的に遺骨になってお寺の墓場に埋葬されます。 ところが遺骨になってもお寺やお墓がない場合は、そのまま自宅に預かっているか一時的に納骨堂などに預ける場合もあります。 

ところで、人が亡くなるとどんな人でもそれなりに葬儀や葬式が行われますが、其のときには一貫した死者を祭壇に飾って弔いの儀式が行われますが、一般にはお通夜、お葬式、又は告別式ともいいますが、其の後に決められた火葬場に行って遺体は遺骨になり、最後に墓地に埋葬されて一連した儀式が終ることになります。 「人間が死んだら最後に骨になる」というのがこのことになります。

ただ、昔は死んだら遺骸はそのままの姿で土に埋めて土葬にして埋めながら埋葬した事例もありますが、近年では死者に対する扱いが法的にも決められていて、死んだら必ずや火葬に処して遺骨にして墓地に埋葬することが決められているのです。