色々な方法がある遺骨の処分方法

遺骨の処理というものは本来葬儀をする際に決めてくれることも多いのですが、最近の経済状況などを考えるとこの処理をどうするか悩む方もいるそうです。もちろん金銭的な問題だけではなく、最近では個人の意思を尊重して遺骨の処理を選ぶ方も増えてきており、これも一種の終活として色々な方法が増えてきました。

遺骨の処理で最もメジャーなのは、きちんとしたお墓を立てて供養をすることでしょう。お墓に関しては結構な金額が掛かるのですが、それでも個人を供養するという意味合いは高いです。またお寺などで永代供養を頼む人も最近では増えてきており、こちらは戒名がしっかりと付いて供養されるのでお墓を立てるよりかは安く済み安心感もあります。

最近増えてきている遺骨の処理としては散骨があります。火葬などで骨を粉骨にしたあとにこれを撒くことで供養をするのですが、海洋葬などは自然に還るという意味合いも高く料金も安くなるので人気があります。心のこもった供養はとても大切ですが、経済状況なども一緒に考えることも必要ですね。